JOB-CUBE2 JOB-CUBEからJOB-CUBE2へデータ移行

JOB-CUBEからJOB-CUBE2へデータ移行する手順は下記のとおりです。
まずはテスト環境でどのようにデータが移行されるかご確認のうえ、移行作業をしてください。

移行するデータを準備する

JOB-CUBEで移行するデータを準備します。

1 JOB-CUBEのtool.phpにアクセスし、ログインする

JOB-CUBEのtool.php

JOB-CUBEのtool.phpにアクセスすると、上図の画面が表示されます。
こちらにtool.phpのパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

 

2 ページ下部の「一括エクスポート」のリンクをクリックする

一括エクスポート

ログイン後、ページ下部に「一括エクスポート」のリンクがあるので、
リンクをクリックし、一括エクスポートを実行します。

 

3 [JOB-CUBEの設置先]/db/tdb/にあるcsvファイルに、各テーブルデータが出力されたか確認する

一括エクスポートの実行

一括エクスポートを実行すると、上図のような実行結果が表示されます。
実行すると、各テーブルデータが、[JOB-CUBEの設置先]/db/tdb/にあるcsvファイルに書き出されます。
csvファイルにテーブルデータが書き込まれているか確認してください。

※ tdbフォルダとcsvファイルはパーミッションが「777」である必要があります。
csvファイルにデータが存在しない場合は、パーミッションをお確かめになって、
再度「一括エクスポート」を実行してください。

 

4 FTPなどで[JOB-CUBEの設置先]/db/フォルダをダウンロードする

FTPクライアントなどを使用し、[JOB-CUBEの設置先]/db/フォルダを
お手持ちのパソコンにダウンロードしてください。

 

5 ダウンロードしたdbフォルダを「import」に名前を変更し、[JOB-CUBE2の設置先]/にアップロードする

importに名前を変更

ダウンロードしたdbフォルダを、上図のように「import」に名前を変更してください。

 
JOB-CUBE2にアップロード

名前を変更後、[JOB-CUBE2の設置先]/にimportフォルダをアップロードしてください。
以上でデータの準備が完了です。

 

移行するデータを取り込む

上記で準備したデータをJOB-CUBE2で取り込みます。

1 JOB-CUBE2のtool.phpにアクセスし、ログインする

JOB-CUBE2のtool.php

JOB-CUBE2のtool.phpにアクセスすると、上図の画面が表示されます。
こちらにtool.phpのパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

※ あらかじめインストール作業を完了してください。

 

2 「◆その他の操作」>「パッチの適用」ボタンを押し、「jc1tojc2:適用」ボタンを押す

パッチの適用

ログイン後、ページ下部の「◆その他の操作」に「パッチの適用」ボタンがあるので、
こちらのボタンを押してください。

 
パッチの一覧

ボタンを押すと、上図のような実行可能なパッチの一覧が表示されます。
一覧にある「jc1tojc2」欄の右の「適用」ボタンを押してください。

 

3 「準備ができましたら、「適用する」のボタンを押してください。」と表示されるので、「適用する」ボタンを押す

jc1tojc2

ボタンを押すと、上図のような画面が表示されます。
「適用する」ボタンを押してください。

 

4 エラーが出ずに終了すれば完了

jc1tojc2の実行

ボタンを押すと、上図のような実行結果が表示されます。
エラーが出ずに「パッチの適用が完了しました。」と表示されれば、データの取り込みは完了です。

※ エラーが出た場合は、JOB-CUBEのデータが正しく設置されているかご確認ください。

 

5 画像ファイル、ページデータを移行する

画像ファイル、オリジナルページのデータは、JOB-CUBEから./file/page、./file/imageフォルダをコピーし、
JOB-CUBE2に設置してください。

 

JOB-CUBE2の操作マニュアルトップに戻る

 
トップ   編集 凍結 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS